スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おススメCD

先日、友達からCDを借りて、とても良かったから紹介します。

roots.jpg
ジョン・レジェンド&ザ・ルーツ
「WAKE UP」


私は普段、1960年代~1970年代のブラック・ミュージック(ブルース、ソウル、ファンク、ジャズなど)しか聴かないのだが、これは最近のもので去年発売されたCDです。
最近のCDでここまでいいと思ったのは久しぶりです。
正直、鳥肌が立ちました。

さて、おススメの曲です。

3曲目の「WAKE UP EVERYBODY」:デュエット曲で文句なしにかっこいいです。

5曲目の「little ghetto boy」:天才ダニー・ハサウェイのカバーです。ダニーのと比べてストレートな演奏が素晴らしいです。

6曲目の「HANG ON IN THERE」にはびっくりしました。
Mike James Kirklandという人のカバーですがかなりマニアックな選曲です。
Mike James Kirklandのレコードは、CD化されるまでものすごくレアでした。

全体を通し、歌モノありラップありでどちらかというと若者にウケるアルバムです。
とにかく選曲のセンスがいい!
これで、2,310円。
最近のCDは、誰でも作れて歌えるようなのが多くて腹が立つのだが
これはホンモノの音楽が聴けます。
とうぶんはまりそうなCDになりそうだ。
スポンサーサイト

『イージー・ライダー』

 ブログを書いて初めて分かる気持ちがある。→ネタがなくてどうしよう。
昨日の「みさっちの小部屋」は私のブログの広島弁変換だった。きっと彼も困っていたのだろう。と、勝手に想像したりした。が、どうやら方言変換ブームになっているようだ。
 今日のネタはヤフーのニュースで見つけた 余命わずかであることが判明 『イージー・ライダー』のデニス・ホッパー、がんが骨に転移 である。デニス・ホッパー知ってます?彼はジェームス・ディーンの「理由なき反抗に出演してます。個人的にはこっちの方が好きです。でも、今の若者たちはジェームス・ディーンでさえ知らないんだよなあ。

 左がデニス・ホッパーで右がジェームスディーン。
Dennis_Hopper.jpgJames_Dean.jpg 
二人とも渋い!

 「イージー・ライダー」は最後のシーンで、バイクに乗って走っていたら、通りがかりの警官に理由もなく射殺されてThe end というあっけない何ともシュールな映画なのだ。「イージー・ライダー」といえば、大学時代一番の親友・川畑君を思い出す。授業初日、彼はいきなり、破れた服全体に無数の安全ピンを付けていた。彼とはきっと合わない…と思っていたが、4年生の時には大親友になっていた。彼のファッションはどんどんエスカレートしていき、ピンクのモヒカンにしたりしていた。そして、イージー・ライダーにあこがれ、アメリカンタイプのバイクのハンドルをチョッパーにしていた。
こんな感じである↓
EasyRider.jpg

この10年後、チョッパーが流行ったので、彼は最先端を走っていたのである。今、彼は鹿児島で小学校の教師である。今年も年賀状が来た。いまや昔の面影はない。寂しいものだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。